彼のお店にはスピリッツが満ちていた

オススメ

「調理場という戦場」の書籍の中で語られている文言から・・

料理人として、渡仏した斎須政雄さんが
修行先のお店「ヴィヴィロワ」にて、

オーナーシェフのクロード・ペイロー氏から
学んだこと・・

権威のある料理人になるより、透明人間であれ。

いわゆる・・

身に着けたいこと全てが
そのお店の仕事や慣習に現れている。

言わなくても
全員がオーナーシェフの考えを「理解して行動」している。
その有りように感銘した内容でした。

~ 彼のお店にはスピリッツが満ちていた ~

 

関連記事一覧

特集記事(書籍一覧に名称変更が可?)

TOP